郵便ポストを家に設置する位置について知っておきたい場所と種類

「家に郵便ポストを設置したいのだけど、どの位置に設置したら良いのか分からない…」

と、思っているあなたに、郵便ポストの専門スタッフが解決します。

確かに、郵便ポストは何となく設置している人も多くいます。
ですが、郵便ポストの位置にはそれぞれメリット・デメリットがあります。
そこで、郵便のポストの設置位置のメリット・デメリットについて、次の3つを紹介します。

  • 家の郵便ポストを道路の近くに設置する
  • 家の郵便ポストを玄関の近くに設置する
  • 郵便ポストを家の玄関に埋め込む

最後まで読むと、あなたの問題解決に繋がりますので、最後まで読み進めて下さいね。

では、1つずつメリット・デメリットについて紹介します。

家の郵便ポストを道路の近くに設置する

道路側に設置する郵便ポスト

道路側に郵便ポストを設置するメリット

プライバシー確保が出来る

道路側に郵便ポストを設置する事で、郵便配達の人など、見知らぬ人が家の敷地内に入ってこないようにする事が出来ます。
その為、見知らむ人が家の中まで見る事を防ぐことが出来ます。

防犯対策の効果がある

大きい荷物であれば、玄関まで持ってきてもらう必要がありますが、小さい荷物であれば家の敷地内まで入る事が出来ません。
要するに、見知らぬ人が玄関まで入ってくる場合は、不審者の可能性があります。

道路側に郵便ポストを設置するデメリット

郵便物を取りに行くのが手間

玄関から道路まで郵便物を取りに行くと、時間がかかります。
新聞を読む為に、毎朝玄関から出て取りに行く必要がある為、最初は良くても、慣れてくると大変に感じてしまいます。

雨の日や寒い日も外に取りに行く必要がある

道路側に郵便ポストが設置されていると、大雨が降っている日やとても寒い日でも外に出て取りにいく必要があります。
また、郵便ポストの中身を、仕事などから帰ってきてから確認する人は多いと思います。
天候が良い日は良いですが、大雨の日に両手が塞がっていると、一旦荷物を一旦必要がありますし、雨で郵便物が濡れてしまうと、見づらくなってしまいます。
要するに、天候が悪い時は、道路側に郵便ポストが設置されていると、不便になります。

郵便物が盗まれる可能性がある

道路側に郵便物を設置しておくと、家の中からは見る事は出来ない為、見知らぬ人が郵便物を盗んでしまう可能性があります。
しかし、現在は鍵付きの郵便ポストも多く販売されています。
その為、道路側に郵便ポストを設置する場合には、鍵付きの郵便ポストを購入することをおすすめします。

家の郵便ポストを玄関の近くに設置する

玄関の近くに設置するポスト

郵便ポストを玄関の近くに設置するメリット

郵便物が取りやすい

道路側に郵便ポストを設置すると、わざわざ外に出る必要があります。
しかし、玄関に郵便ポストを設置すると、外に出る必要もなく簡単に郵便物を取りに行く事が出来ます。
要するに、朝新聞を読む人は時間短縮することが出来ます。

敷地を有効利用できる

道路側に郵便ポストが設置されていると、車で通る時や駐車する時に邪魔になる事があります。
しかし、玄関に郵便ポストを設置しておくことで、車の邪魔になる事がありません。
要するに、玄関に郵便ポストを設置しておく事で、庭のスペースを有効利用する事が出来ます。

郵便物が雨に揺れる事がない

道路側に郵便ポストを設置しておくと、取り出した際に大雨の日に郵便物が濡れてしまう事があります。
しかし、玄関の近くに郵便物を設置しておくと、家に一旦荷物を置いてから郵便物を取り出す事が出来る為、雨に濡れる心配がありません。

郵便ポストを玄関の近くに設置するデメリット

プライバシー確保が道路側の郵便ポストに比べて劣る

道路の近くに郵便ポスト設置しておくと、配達の人など見知らぬ人が家の敷地内まで入ってくる心配がありません。
しかし、玄関の近くに郵便ポストを設置すると、誰でも玄関まで入ってくることが出来ます。
その為、道路の近くの郵便ポストに比べて、防犯対策が劣ります。
要するに、プライバシーの確保を徹底したい人は、道路側に郵便ポストを設置するのがおすすめです。

郵便ポストを家の玄関に埋め込む

玄関に埋め込むポスト

郵便ポストを家の玄関に埋め込むメリット

雨に濡れる事がない

郵便ポストを玄関に埋め込む場合は、ポスト自体が家の一部になっている為、雨にぬれる事がありません。

外に出る必要がない

道路側や玄関側に設置されている郵便ポストは、一度外に出なくてはなりません。
しかし、玄関に埋め込む郵便ポスト、郵便物自体が家の中に入ってくる為、外に出る必要がありません。
その為、利便性は3種類の郵便ポストの位置の中では一番高いと言えます。

郵便ポストを家の玄関に埋め込むデメリット

家の断熱性能が落ちてしまう

郵便ポストを玄関に埋め込む際に、家の一部に穴をあける事になる為、家の中に滞留している温かい空気や、エアコンの冷気が逃げてしまいます。
その為、家の性能を考えると、取り付けにくい郵便ポストでもあります。

郵便ポストの種類

前から入れて前から取るポスト

前から入れて前から取り出すポスト

郵便物を前から入れて、前から取り出すポストです。
最もポピュラーな郵便ポストであり、デザインも様々あります。

また現在は、鍵付きの郵便ポストや、サビ防止の郵便ポストなどがある為、あなたに合った郵便ポストを選ぶと良いです。

前から入れて後ろから取るポスト

前から入れて後ろから取り出すポスト

郵便物を前から入れて、後ろから取り出す郵便ポストです。

わざわざ郵便ポストの前に行かなくても良い為、時間の短縮に繋がります。

丸みを帯びたおしゃれなデザインが豊富であるのも特徴です。

多機能ポスト

多機能ポスト

表札と郵便ポストが一体化した郵便ポストです。

別名は、機能門柱とも呼ばれています。
しかし、多機能ポストは、デザインが少なく、安っぽく見える郵便ポストが多数ある為、購入の際は注意して下さい。

まとめ

郵便ポストの設置位置と、郵便ポストの種類に紹介しましたが、理解していただけましたでしょうか?

郵便ポストにも、それぞれ種類があります。

設置位置1つ違うだけで、長年住む家の利便性もかなり違ってきますので、郵便ポストと言えど、慎重に選んでいく必要があります。

自分に家に合った郵便ポストを見つけ、快適な生活を出来るようにしましょう。